NEWS ニュース

明治安田生命千住支社×南葛SCサッカー教室

2021/12/8 17:31

2021年11月23日、明治安田生命千住支店主催のサッカー教室で南葛SCがコラボしました。トップチームから、デイビッソン、梶塚大哉、楠神順平、佐々木竜太、石井謙伍、飯吉将通の5選手が参加しています。秋空の下、60名のちびっこたちとサッカーを楽しみ、12月25日に行われる関東リーグ入れ替え戦に向けてリフレッシュしました。

石井謙伍選手コメント

――サッカースクールを終えて

「みんなが楽しそうにしている姿を見れたことが1番ですよね。また南葛SCを知らない子たちもいたので、そういった子供たちにクラブを知ってもらえたという意味でも開催できて良かったなと思います。今回低学年にサッカーを教えましたが、ぼくは夢先生(*後述)をやったり、南葛に社員として入る前はベビーシッターもやってたので、小さい子をよく見ていたので担当になりました。教えるというよりは『楽しむ』ということをメインにメニューを考えました」

――12月25日の入れ替え戦について

「南葛SCにとってはクラブの歴史上で一番重要で、重圧のかかる試合になります。クラブ、サポーター、パートナー、南葛SCに関わる全ての人達が一丸となって必ず昇格を掴み取りたいです。そこに向けてチーム一丸となって今までトレーニングを積んできたので、サポーターの方たちも(応援の)準備をしてくださっていて、その方たちのためにも昇格したいという想いはみんな持っていますし、(先日引退を発表した)青木さんの為にも昇格して思い残すことなく送り出してあげたいです」

夢先生:JFAが主催する社会貢献活動のひとつで、様々な競技の現役選手/OB/OGなどを「夢先生」として学校へ派遣し、「夢を持つことや、その夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などを「夢の教室」で伝えるというもの。このプロジェクトで南葛SC石井謙伍選手は夢先生として参加しています。

JFAこころのプロジェクト:夢先生の紹介 | JFAこころのプロジェクト | 社会貢献活動|JFA|日本サッカー協会