TOP

GAME RESULT 試合結果

関東リーグ 後期9節
vs アイデンティみらい

10/03 SUN. 11:00 KICK OFF

葛飾区奥戸総合スポーツセンター陸上競技場

10

前半 0-0
後半 1-0

勝利で入れ替え戦出場権の2位以内が決まる一戦で、南葛SCは後期8試合で4失点の堅守を誇るアイデンティみらいをホームに迎えた。

南葛SCはキックオフ直後から連動したプレスで追い込みをかけてくるアイデンティみらいに苦戦。セカンドボールを拾われて、前半だけで7本のシュートを浴びる。一方、南葛SCは20分に宮澤弘が放ったシュート1本のみに終わった。

ハーフタイムに森一哉監督は、宮澤を左へ、幸野志有人を右へポジションチェンジ。左右のMFを入れ替えて臨む。50分、スローインのリスタートから宮澤がこぼれ球を拾い河本と入れ替わるようにペナルティーエリア内に進入。相手DFの手がかかりPKを獲得すると、自ら決めて南葛SCが先制する。宮澤は3試合連続ゴール、通算11ゴールで得点ランク単独首位に躍り出た。

リードを奪ったものの、主導権はアイデンティみらいが握ったまま。70分にGK大河原弘樹が好セーブ、74分、完全に崩された局面では相手のシュートがバー直撃。83分のピンチもGK大河原が手を伸ばしてCKに逃れた。85分を過ぎると途中出場の岡田翔平、村越健太が相手ゴールに迫るものの追加点は奪えず。最後まで攻撃の手を緩めないアイデンティみらいに苦しめられながらも、無失点で逃げ切りホーム最終戦を白星で飾った。

南葛SCは勝ち点を35に伸ばし、3位tonan前橋との勝ち点差を4に広げ2位以内が確定。1試合を残して、入れ替え戦出場権を獲得した。