WINGS 大阪遠征に行きました

WINGSは8/20・21に大阪遠征に行きなでしこリーグ2部のセレッソ大阪堺レディースとなでしこリーグ1部のコノミヤ・スペランツァ高槻とトレーニングマッチを行いました。

セレッソ大阪の南津守グランドでアップ

セレッソ大阪の南津守グランドでアップ

選手たちは夜行バスで移動し、アップを始めましたが長距離移動のため疲労感を否めませんでしたがアップから徐々に体をほぐして試合に臨みました。

試合前の挨拶

試合前の挨拶

セレッソ大阪は翌日に公式戦を控えている中、トップチームと相手をしていただきましたが試合序盤から正確なパス回しと走力で圧倒されなかなか攻撃のペースを作れ失点を重ねました。

唯一得点を決めた征矢野選手

唯一得点を決めた征矢野選手

後半MF征矢野が左サイドからドリブルで駆け上がりペナルティーエリア付近からミドルシュートを放ち、そのままゴールして1点を奪うもその後もセレッソ大阪の早い攻撃で失点してしまいました。

南葛SC WINGS  1 – 7 セレッソ大阪堺レディース (45分ハーフ)

(得点者:征矢野)

試合後、舞洲にあるセレッソ大阪のクラブハウスを見学させていただきました。

クラブハウスの入口に飾られている香川選手のユニフォーム

クラブハウスの入口に飾られている香川選手のユニフォーム

ミーティングルームにて

ミーティングルームにて

セレッソ大阪代表理事の宮本様

セレッソ大阪代表理事の宮本様

クラブハウスではセレッソ大阪の代表理事の宮本様より、セレッソ大阪堺レディースのコンセプトから食事面まで徹底した管理と選手個々の意識面まで深いお話を聞かせていただきました。

トップ選手が使用するトレーニングルーム

トップ選手が使用するトレーニングルーム

その後、トレーニングルームをはじめとしてトレーナー室、シャワー室、ロッカールーム等を案内していただきました。

S__14573581

 

トレーニングマッチを含め、クラブハウスの見学までセレッソ大阪の皆様大変お世話になりました。

【遠征最終日】

早朝、大阪のホテルを出発し京都へ移動

グランドでアップの様子

グランドでアップの様子

2日目は京都にある明治医療大学のグランドをお借りして、なでしこリーグ1部のコノミヤ・スペランツァ高槻と対戦しました。

猛暑の中、キックオフ

猛暑の中、キックオフ

横山監督はホテルでセレッソ戦のビデオを夜中に何度も見直し、DFラインの選手を入れ替え臨んだこの試合、

相手のFW丸山選手を中心に細かいパスで攻撃を仕掛けてくる高槻に対しDFラインが対応しましたが、2失点してしまい前半を終える。

後半2得点のFW松田選手

後半2得点のFW松田選手

後半は、徐々に自分たちの攻撃スタイルが機能し始め、左サイドのスルーパスで抜け出したFW森田選手がドリブルで切れ込みそのままゴール。

その後もスルーパスで抜け出したFW松田が2得点をあげ3-3で迎えた試合終盤、PKを献上してしまい3-4で試合を終える。

南葛SC WINGS  3 - 4 コノミヤ・スペランツァ高槻 (45分ハーフ)+(20分1本)

(得点者:森田・松田×2)

暑さから試合中盤から足が止まりはじめる南葛に対し、高槻の運動量と個のレベルの差を感じました。

すばらしいグランドを使わせていただいた明治医療大学の皆様、胸を貸してトップチームで相手をしていただいたコノミヤ・スペランツァ高槻の皆様に本当に感謝いたします。

この2戦を通して今後の課題が大きく見つかる非常に有意義な2日間を過ごすことができました。

今週末、WINGSは都リーグが控えていますが全勝優勝を目指して頑張りますので御声援を賜ります様よろしくお願い致します。