【TOP・6/9GAMEINFO】南葛SC VS 横浜猛蹴

今週末、69日(日)は全国社会人サッカー選手権大会関東予選準決勝になります。

JFL以下の全国の地域・都道府県リーグに所属するチームが争うNO1決定戦を

位置付けする大会、それが全国社会人サッカー選手権です。

1回戦神奈川教員戦を制し、今節の対戦相手は関東リーグ1部に所属する古豪・横浜猛蹴。

注目の初対決・激戦必至の好ゲームです。

皆様のご声援をエネルギーに変えて必ず勝利を掴み取ります。

ラインダンス@

是非会場にお越し頂きまして選手の背中を後押しする熱いご声援激励を

宜しくお願い致します。

会場は桐蔭横浜大学グランドでの開催になります。

下記注意事項を確認のほどお願い致します。

多くのご来場ご声援のほど宜しくお願い致します。

 6:9MATCHINFO2 原案

***全国社会人大会関東予選トーナメント**

■準決勝:6月9日 

対戦相手:横浜猛蹴(関東1部所属)

会場:桐蔭横浜大学グランド

http://soccer.toin.ac.jp/place

KICKOFF:15:30

観戦無料

************************

〜試合会場注意事項・応援マナーに関しまして〜

※会場内の駐車場は台数に限りがございます。

公共交通機関の利用を極力お願います。

※観戦に関しましては観客席にてお願い致します。

※本部より左側がチームベンチになります。

※横断幕に関してはクラブ関係者の許可した幕のみ張り出し可能になります。

ゴール裏は張り出し禁止。スタンドにてお願いします。

※応援の際には鳴り物は禁止になります。

※ゴミは必ずお持ち帰りください。

観戦マナーをお守りいただきまして楽しく気持ちの良い試合観戦になりますよう

皆様のご協力をお願い致します。

******トーナメントスケジュール****

■決勝:6月16日

対戦相手:流通経済大学・東邦チタニウムの勝者

会場:ひたちなか陸上競技場(天然芝)

http://map.tokyofootball.com/hitachinakasogo/

KICKOFF:13:30

************************

 福西監督2

<メディア掲載情報>

*2019シーズン福西崇史監督就任経緯の記事

[掲載:Number]

https://number.bunshun.jp/articles/-/833122

「目指せJリーグ!南葛SCの挑戦」連載URL

https://www.soccerdigestweb.com/tag_list/tag_search=1&tag_id=241

連載:私たちが現役を諦めない理由 青木剛

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201904250004-spnavi

 青木2

「激闘の模様を音声でも配信中!」

ラジオMC/井上マー(吉本興業)・南葛SC朝田

[葛飾FM 頑張れ!南葛SC ]

毎週火曜1300分~放送中

https://www.youtube.com/watch?v=UnDpLYuH4Y4

[かつしかFMで生放送中「頑張れ!南葛SC」の裏podcast!]

blubrry.com/scpodcast/

 MATCHINFO 原案

応援グッズ・ユニフォームなど好評販売中です

ウェアサプライヤーgol公式サイトにてご購入できます。

https://gol.stores.jp/items/5c4036fa7cd361157faee608

 

南葛SCの活動は多くのスポンサー様/葛飾区/後援会/サポーターの

皆様方に支えられております。

[2019年度TOPチームスポンサー]

胸スポンサー:株式会社サンセイアールアンドディ

https://www.sansei-rd.co.jp

背中スポンサー:株式会社集英社

http://grandjump.shueisha.co.jp/manga/tsubasa.html

背中スポンサー:KLab株式会社

https://www.klab.com/jp/press/detail/id=6276?date=2019

袖スポンサー:株式会社プライム

http://www.prime-ph.co.jp

パンツスポンサー:アリオ亀有

http://www.ario-kameari.jp/web/

[2019年度ユニフォームウェアーサプライヤー]

株式会社ゴルジャパン

https://gol-deportes.com/

[2019年度スポンサー一覧]

http://www.nankatsu-sc.com/スポンサー

 

写真撮影協力:photo by serikawa/photo by koda

映像撮影協力:Videographer by matsukawa

Videographer by Palm Leaf / Hayashi