TOP スペイン短期留学から帰国!

2/24にスペインへ旅立った尾亦コーチ・疋田・近藤両選手が無事帰国しました。

スペインレポートを御紹介させていただきます。

【尾亦ヘッドコーチ】

今回のスペインサバデル研修を終えて最も印象に残った事は、サッカーというスポーツがスペインでは国を挙げて強化され、育成され、普及されているというものでした。
街中には至る所にサッカーコートやフットサルコートがあり、年齢や競技レベルに関係なくみんなが勝つ為に真剣勝負をしている。カフェやバルではサッカーの中継を観ながら高齢者がサッカー談義に熱くなる。どのカテゴリーでも地元チームへの応援は過激的で熱狂的(叱咤激励、審判への圧力、ヤジなど)
スペイン人にとってサッカーやフットサルが人生や生活の一部であり、当たり前の日常で、それが伝統や文化に繋がっているのだと思いました。それが良い悪いではなく、サッカーに対する情熱が桁違いに高い国なのだと感じました。

今回、南葛SCはサバデルBチームのトレーニングに参加させていただき、私自身もピッチレベルでトレーニングを見学させていただきました。
監督、コーチの方とトレーニング前後にディスカッションをさせてもらい、トレーニングの内容、計画、戦術的戦略的意図を把握した上でのトレーニング見学は非常に参考になりました。私も何故か途中人数合わせで急遽紅白戦に出場するハプニングもあり。そこは計画にはなかったような…
選手2人も最初は緊張気味にプレーしてましたが、徐々に良さを発揮し、監督さんからも上々の評価をいただきました。彼らも日本ではあまり感じないスピード感や競合いの強さ、そして外国人としてチームに入る難しさを実感した事で、何か得るモノがあったのではないかと思います。
今回のサバデル研修で得た経験、吸収したモノを南葛SCに還元する事が我々の使命でもあると思っています。
そして高橋陽一先生をはじめ、各関係者様のご協力のもと、サバデル研修に参加させていただきました事を感謝致します

高橋先生と

高橋先生と


【疋田 大和】

今回のスペイン研修では、多くの経験をさせて頂きました。
まず、サバデルの練習参加では、スペイン人の勝負に対するこだわりを肌で感じることができました。テクニックの部分ではそんなに日本人と差はないと感じましたが、ゲーム中での球際のうまさや強さ、闘う姿勢が違うと感じました。
また、練習中の戦術的な指示が非常に細かく、次のゲームのプランがチームで徹底されていました。
そして、スペインと日本のサッカー文化の違いにも驚かされました。スペインでは、町中に素晴らしいサッカー専用スタジアムや練習グランドがあり、どの世代にもリーグ戦を戦う環境があります。小さい頃から、毎週毎週勝負をしたり、トップレベルの選手を観たりできる環境が、素晴らしい選手を生んでいるのだと感じました。
また、リーガの様々な試合を観戦させて頂きました。特にカンプノウでのバルセロナの試合では、世界一のプレーを間近で見たり、スタジアムの雰囲気を感じることができ、非常に刺激を受けました。
今回このような貴重な経験をさせて頂いた、高橋先生、CEサバデルの高橋様、南葛SC、私に関わってくれた多くの方々に感謝したいと思います。ありがとうございました。
この貴重な体験を今後のサッカー人生に活かしていきたいと思います。

カンプノウで

カンプノウで


【近藤大介】

5泊7日というスペイン短期研修により、自分自身のサッカー観に大きな変化がありました。
自分自身の考えているサッカーというものが、どれだけ小さく、そして甘えがあるのかを痛感させられました。
バルセロナの試合観戦やCEサバデルの練習参加を通して、1つひとつのプレーに対する想いの強さを肌で感じることが出来ました。
スペインはどのカテゴリーでも年齢に関係なく、選手だけに限らず観客も情熱に満ち溢れていたことがとても印象に残りました。
日本とスペインの違いを文化や環境という言葉で簡単に語ることは可能かもしれませんが、実際に目で見ること、耳で聞くこと、身体で感じること、それこそが本当に違いを感じられると思います。
まだスペインにいたかったという気持ちもありますが、今週末には東京カップの1次戦準決勝、3月からは東京都1部リーグが開幕します。
今回のスペイン短期研修での経験を活かし、チームを引っ張っていけるような強い選手になります。
そして、東京都1部リーグを足踏みすることなく、1年で関東リーグに昇格します。
1年での関東リーグ昇格は、決して簡単な道のりではありません。
私たち選手も最善を尽くしますが、サポーターの皆様の力も必要です。
一緒に戦い、一緒に昇格し、一緒に喜びを分かち合いましょう。
今後も引き続き、沢山の熱い応援宜しくお願い致します。
最後に、高橋先生をはじめ、スペイン短期研修の関係者の方々には大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

1日目_180130_0064